> 新潟県建築士事務所協会のメインページ

建築士事務所協会について

[ TOPページ->建築士事務所協会について ]

 会長挨拶

ご 挨 拶
一般社団法人 新潟県建築士事務所協会
会 長  坂 本 忠 志

 当協会は、昭和35年(1959年)7月に設立され、建築士法により法定化された団体です。 平成25年4月1日から「一般社団法人新潟県建築士事務所協会」に名称変更しました。
現在、新潟県内の建築士事務所(建築設計事務所)約300社が加入しています。
 建築士事務所業務の適正な運営と設計等を委託する建築主の利益の保護を図ることを設立目的としており、 県民を対象とした建築・住宅耐震化等の相談、建築文化講演会など、県民の安心・安全及び建築文化向上のための事業を行う とともに、建築士事務所の設計・工事監理に係る建築主等の苦情相談に応じ解決を図る建築士法に基づく業務も行っています。
 さらに、建築士事務所に対しては、技術講習会、建築見学会、建築士事務所管理研修会等の各種講習会を実施するとともに、 建築技術向上及び業務の適正な運営等に関する情報を発信しています。
 また、災害時においては、建築行政機関及び関連団体と密接な連携をとり、即座に対応出来る体制を整えるなど安心・安全に 向けた活動に取り組んでいます。
 特に、会員には日事連(日本建築士事務所協会連合会)を通して国や全国の情報、及び協会独自調査による県内情報などを お届けするとともに、各種研修会などのお知らせを行っています。
 当協会は、建築技術という職能と県下全域にわたる組織を活かした活動を通して、社会への貢献及び建築士事務所の技術向上に 努めてまいります。


 協会の目的

 建築士事務所の業務の適正な運営及び設計等を委託する建築主の利益の保護を図ることを目的としています。

 協会の活動

新潟県建築士事務所協会では、下記の活動を行っております。
 このページのトップへ
[トップ]   [協会]   [建築相談]   [会員名簿]   [入会]  
[建築関係情報]   [講習会]   [支部情報]   [建築作品]   [リンク]